ブログ

風のトイレづくり

コンポストトイレというものはいろいろあれど、風が通ることで分解を早める風のトイレは、まだポピュラーではない。

しかし、私たちがいつもおこなっている大地の再生という環境再生活動を知っている人ならば、風のトイレが何のことだか分かっている人が多い。

そもそも大地の再生という活動も、あらゆる土地に空気、風を通して微生物や菌糸を増やし、生き物環境を活性化することによって、心地よく安定した土地を育むものですが、トイレの中のものを分解するのも、本来は同じこと。人間の数が増えすぎて、自然分解では追いつかないということもありますが、江戸時代から人の排泄物を一旦溜めて、肥料にするようになってから、溜めることが当たり前になってしまい、土地に安全に清潔に戻す方法を研究しなくなりました。

しかし、実は極めて簡単です。直径50センチ深さ50センチくらいの穴を掘り、その穴から両側に溝を掘ります。溝からいつも空気が出入りするような形を保ち、小屋を立てます。

足元にいつも空気が通っています。穴の中にはまず初めに粒炭(炭を砕いたもの=焚き火などでできた消し炭でよい)と、山の葉っぱ(荒腐葉)を撒いておきます。あとは用を足すたびに炭と葉っぱを撒いておきます。大のほうをしたときは、葉っぱで覆っておけば虫も来ません。

炭はたまに灰に変えてもいいし、葉っぱはおが屑でもいい。ただし常に空気が通るほうがいいので、灰と細かいおが屑だけを使うと、湿気を溜め込んで空気が通りにくく、排泄物の分解も遅れます。

このトイレ、わたしの古民家ではもう4年以上使っており、最近は沢山の人が出入りして使いますが、全く匂いもなく、一度も取り出したこともありません。少し盛り上がってきたら、棒でつついて少し空気を入れて、葉っぱをたくさん入れておけば、また量が低くなってます。トイレの臭いがしないのには驚きます!

このトイレを使い出すと、下水完備のない田舎で、なぜタンクに溜めてわざわざ不衛生な状態にして、汲み取りにきてもらうのか、わからないってことになります。

ぜひこの爽やかなトイレを、現代風にアレンジし普及していきたいと思います。

熱中人レポート 古民家

ついに!キッチンの上の下屋根が出来てきました!! 本人だけが知っている、あの手この手で廃材を使い、とうとう、何も買わずに、、

裏山を見上げることができるスタイルの下屋根です。

お友達に材木のステイン塗りを手伝ってもらって色もしっくりきています。

ほんとに器用な夫です。

さあ、今年中にわたしのキッチンストーブは仕上がるか。。。

竹藪と広葉樹林

広葉樹の森は、民家に近いところが竹藪になりやすい。

今は山に入ることすら難しいほど荒れた状態になっていますが、昔はどこの山にも、赤線(みんなの道)がつけられていて、みんなそこから山に入り、薪になる倒木や、燃えやすい松の落ち葉などを集めるのが日課でした。

人が山に入ることで、自然に風通しがよくなり、風が入ると微生物が増え、根が呼吸して健康な森が保たれていたことでしょう。

しかし、今はわざわざ山の入り口を塞いでいる竹藪を整備し、山に入って枯れ木を除去し、倒木を片付けなければ荒れてしまいます。

荒れるだけなら広葉樹の森は土砂災害にまではなりませんが、誰も手入れできなくなった山は、山主さんにとって厄介者なので、安く売られて開発されたりします。そうなったときには、みんな反対するのです。

そんなことになる前に、山仕事の楽しさと豊かさを一人でも多くの人に知ってもらいたい。そして続けるためには、少しずつ収入が残る仕組み、地域が元気になる仕組みを考えていきたいと思います!

お久しぶりレポート!

たいへん久しぶりの投稿になりました!

熱中人はずっと古民家を再生し、もりとくらしチャレンジャーのわたくしは、裏山の手入れをコツコツ続けながら、お野菜を育て実りの秋をいただく真っ最中です。

とうとう夫のこだわりのオープンキッチンができあがりました! 天板はコンクリート、表面は化粧石を使って削り出し、収納部分はいただいた広葉樹の廃材板と廃材のガラスで、虫が入らないように、工夫を凝らして仕上げてくれました。

本人も大満足。大切に使わせてもらいたいとおもいます!

もりとくらしメンバーは、どんどんチェーンソーやユンボをこなせるようになり、山師に近づいております!

さて、今年は裏山の整備のために、山際の車道からの入り口に道をつけてみて思いました。これからは、どの山も入り口に作業道をつけなければ山を手入れできないと。。

作業道をつけると同時に、荒れ果てていた山際を美しい場所にしいけば、地域の方にも喜ばれます。小さな林業をやりたくなる人が増えるためにも、まずは喜ばれることが大切!!

来年に向けて、広葉樹の森の手入れと、広葉樹の利用を循環していけるように、考えていこうと思います!

ほったらかし栽培と古民家再生

食べられるハーブ マロウ

お久しぶりになりました。周辺草刈りがけっこう忙しい毎日です。夏野菜は無肥料無農薬ほぼほったらかしで育ってます。

きゅうり豊作
インゲンとトマトのエリア
トマト遅めの豊作
ナス まだこれから
かぼちゃもこれから

夫の古民家再生は、ゆっくりとキッチンづくりに集中しております。コンクリートの天板づくり楽しみです!

野外的キッチンの製作中
コンクリート天板の型枠づくり

お蔵の改装

古民家の中で一番のゲストルームになっているのが、お蔵の2階の部屋です。

まだまだ壁塗りや、下の部屋はこれからですが、快適な2階の小部屋で寝泊まりすると、朝の気持ちよさが最高です。

雨漏りしていた瓦を全部下ろして、廃材の壁材をもらってきて屋根に使いました。

屋根に明かり取りの窓をつけて、壁は2カ所大きく壁を切り開き、手作りの窓を入れました。

この日も見学のお友達と一緒に、土地の湿気改善や古民家の利用について、いろいろ話して楽しい一日になりました。

来られた方の娘さんが、16歳で大工に興味があったのには驚きました。これからは年齢に関係なく男女も問わず、好きなことに熱中して生きる時代だと思うので、これまでの常識や思い込みを気にせずに、我が道をどんどん進んで欲しいと思いました。

ピザ窯の土台づくり

石積みでピザ窯の土台をつくる、、というのでお手伝いに行きました。

以前に大地の再生講座が行われた場所で、家主さんがメンテナンスをされているので成果が出て、とても気持ちのいい庭になって、風がながれていました。

大地の環境再生はメンテナンスが大切で、一度きりの作業ではなかなか効果が現れてきません。大地は本当に生き物で、心を込めて育てると成長するんですね。

今回はそのメンテナンスを皆で行い、家主さんが石積みの土台づくりを教えて下さる、という面白い一日でした。

ピザ窯本体の制作には参加できませんでしたが、次回はタンドール窯を制作されるそうなので楽しみー!

熱中人レポート 古民家再生

この度は、前の家主さんが建て増しのために使っていた大きな梁を2本下ろして、ついでに夫が梁の上のほこりも落として磨いてスッキリしたら、屋根裏の見通しが大変良くなりました。

これから夫のイメージする手作りキッチンが作られていくらしい。。わたしはその隣に、薪でお料理ができるキッチンストーブをレンガで手作りします。

井戸水と薪を、上手に使ってすごしたいですね。

山仕事の楽しみ

古民家の裏の山は、歩いて登ることも難しい、道のない放置林でしたが、ついに軽トラが入れる2.5メートル幅の道を入り口に施し、途中からは林内運搬車が入れる1.5メートル幅に狭めて、なんとか尾根まで辿り着きました。

これから小さな重機で、細かい修正を行なって、水がたまらないように、そして水が走りすぎないように、路肩が崩れないように、勾配と強度を調整します。

壁面から水が沸いているところは、止めずに湧き出させて水路に誘導。路面は雨のときに泥濘まないようウッドチップを撒く。道の路肩下の土がむき出しの法面には、木の枝や有機物を等高線状に置き、泥水が流れないように。泥水が流れると、法面の土が硬くなり植物の芽が出にくく、微生物も増えません。

あとは山全体の風通しを良くしていきます。

先日の強風で、ずいぶんこの山に風が入ったのが、下から観察していてよくわかりました。

風通しの程よい山は、山の大地に空気が入り、多孔質になる。木を切りすぎると、それは風が急速に通り過ぎるだけで命が育ちません。てきどな風通しは小さな生き物や植物を多様に増やし、水の涵養は格段に良くなる。そのような土地は人が立ち入ると、とても心地よく感じる空間となります。

土間キッチンの再生はじまる

母屋の角地にあるキッチンは、もともと半壊状態でしたが、なんとか柱を立て直し実家にあった流し台を置いて、壁のない状態で快適に使ってきました。

このたび夫がやる気になり、この部分の再生に突入!! 昭和に改装したような、建て増し部分にあまり重要ではない梁が渡してあるので、撤去することになりました。

立派な梁なので、他の場所でまた梁として使用させていただきます。

広々と使いやすく、人が集まりやすい空間になることを思い描いているのですが、なんだかそうなってきました!ありがたいことです。