情報空間

いまこの場をどう捉え、何を望んでいくかが、明日からの世界に影響している。

わたしたちは、日々自分の思考や感情、望み、愛や感謝、悲しみや怒り、などをこの世界に刻印しています。

世界を良くしていきたい、環境を良くしたい、という時、何かを問題定義してそのシステムを変えることが必要だと思ってしまうことがほとんどですが、それは逆なのかもしれません。

自分は世の中のまちがいを知っている、という意識でいる。だから人類は同じことを繰り返しています。

問題を問題と捉えることをやめ、希望する状態を明確にすること。望むことだけを刻印していくことが最も早道。

実はそのためには、自分をエネルギーで満たし愛でいっぱいになってることが大切。

希望の内容を、自分のまわりだけの小さな世界にとどめてしまうと、不安も一緒にくっつけてしまいます。

自分を大きなエネルギーで満たし、世界も宇宙も含めた大きなスケールで望みをはっきり持つことが、地球の波動を高くして全体の次元を上げていくのだと思います。

土を毎日触って、瞑想する生活をしていたら、急にこのことをリアルに感じるようになりました。

今日からは、このことを人にも話していこうと思います。

春の集い

いつもお世話になったり、遊んでもらってる人
ボロボロだった古民家を知ってる人
ここで大地再生してくれた人たちなど
雨の日に家の中で渦巻いていました✨

ミラクルオーラの交わり心地よく✨ 
パワー全開で生きる人の気が、大地と龍王さんを元気にしたのを実感した✨

地球と繋がって人が自ら輝き、荷物をすてて薄着になって、風のように生き、大地にありがとう言われる時代に
突入してるーー→✨ 美しい✨

風のオープンキッチンを皆でほめてくれて
(//∇//)ありがとうございます〜💖

オフグリッドにトライする夫
いつもヘルプしてくれるアミちゃん

集落の人たちも
ありがとうございます💖

映画「杜人」上映スタート!

環境再生医 矢野智徳氏とわたしたちの活動が映画になり、ついに上映がスタートしました!!

大地の生き物と共に生きていることを思い出し、土地の中の流れを大切にして生き物環境を増やす再生。。

観た人の人生に少なからず影響するでしょう。文明だけでなく、自然の営みから習うことを知るでしょう。


何があっても生きていけるためのシンプルな知恵が必ず得られるでしょう。
翌日から歩いている地面、周りの景色が生き物の景色に見えるでしょう。
そして明日からの日常が変わるかも。。。

15日東京 アップリンク吉祥寺から
始まりました!! 初日満席!!

岡山は総社市の
シネまるむすびさんで!!
5月上映予定〜お楽しみに!


全国で続々と上映開始📽🎞🌳
・東京 アップリンク吉祥寺 2022年4月15日(金)〜28日(木)
・大阪 第七藝術劇場 4月16日(土)〜
・京都 アップリンク京都 4月22日(金)〜28日(木)
・横浜 シネマ・ジャック&ベティ 4月23日(土)〜
・川崎 川崎市アートセンター 5月14日(土)〜27日(金)
・逗子 シネマアミーゴ 5月15日(日)〜6月4日(土)
・仙台 フォーラム仙台 5月20日(金)〜6月2日(木)
・名古屋 シネマスコーレ 5月28日(土)〜6月10日(金)
・苫小牧 シネマ・トーラス 6月予定
・広島 シネマ尾道 6月予定
・栃木 宇都宮ヒカリ座 8月19日(金)〜9月1日(木)
 
以下、公開日未定

・山形 フォーラム山形 
・福島 フォーラム福島
・岡山 シネまるむすび
・浜松 シネマイーラ
・山口 山口情報芸術センター YCAM
・長野 上田映劇



上映館は全国17ヶ所に🌸
https://lingkaranfilms.com/?page_id=279

そして
自主上映の受付も開始🌸
https://lingkaranfilms.com/?page_id=753

森の遊び場づくり

4年前まで竹藪で覆われていた土地。徐々に整備して、昔大きなお屋敷があった土地だとわかってきました。

小さな池を囲んで、森の遊び場をつくります。

ブランコとターザンロープ。ウッドテントや山の斜面につくるピザ窯。子供たちが遊べる場所を作りたいですね。

自作クッキングストーブ

もうすぐ出来上がりそうなクッキングストーブ

ずいぶんいろいろ考えて紆余曲折!

長い太い広葉樹を燃やせるスタイルだと森林整備で出る材をいろいろ燃やせるので、こんなクッキングストーブをみんなが作れたら、山仕事に興味を持つ人が増える、ってこともイメージして!

しかも!古民家に転がっていた土管が、先日購入した二重煙突にあつらえたようにピッタリとハマりビックリ‼️

山を持っている人が、山を大切に思えるためには、広葉樹の利用がそこそこ一般的にならないと。。。広葉樹の利用が一般的になるには??

と、そればっかり考えているこの頃〜

大地の再生 映画「杜人」

大地の再生が映画になったよ!!

「杜人」環境再生医 矢野智徳の挑戦〜

ついに👍上映はじまるー😄ー🎉
4月15日(金)から
アップリンク吉祥寺✨✨

大阪では七藝(シアターセブン)で上映決まったそうです!

予告編〜
https://youtu.be/SdiPt4J6zd0

何が正しいとか言うよりも
穴を掘って空気を入れると
分かってくるものが沢山あって
どこまでも夢中になるんです。
その結果、気持ちのいい土地になる。
気持ちの良い土地は
忘れているかのような私たちの
魂を再生させると心から信じています。

もう本気で終わらせたい。

頑張って嘘の自分を生きること、大切なものを傷つけて、安定した未来、安定した家やお金、そんなものがあると信じていた時代。それは自分ではない。それを経験したからこそ分かる!

いま、とことん気持ちがいいことをやり、頭で考えないで、気持ちがよくないものを手放していくことを、大自然が教えてくれます。

新しい地球への年

節分をすぎて、本当に新しい時代がやってきました。

感じている人と、興味を持っていない人があると思いますが、目に見えないものが見える時代へと変化しています。今までも、人の意識や思いによって物事が起きることは多くの人が知っていましたが、さらにそのようなことは加速して認識されていきます。

物質的なものが全てだと思っている人や、思いの実現には努力が一番大切だと思っている人は、逆に理解ができない時代になるのかもしれませんね。

ちょっとした気持ちの持ち方で、自分に起きてくることが変わる、やりたいことはなんでも可能になる。。それは子供の頃からみんな経験しているはずです。

ネガティブな経験を乗り越えることを無意識にしてきたはず。親に教えられた方法ではなく。

でも、そのやり方を続けないで、親から言われた、または社会人として学んだ、成功の秘訣や人間関係のノウハウを、努力という形で実践してしまうと、後で迷路に入り込んでしまうのですね。

人生を楽に豊かにしていくのには、なりたい自分を明確にすることと、心地よいものを選んで進むこと、自分が毎日見るもの聞くものを批判しないこと。子供の頃のように!

これだけかなと思います。

朝起きた時に、今日一日の流れを明るく具体的にイメージします。

あの場所にスムーズに行けて、気持ちのいいあの友達に会って、笑い合って、すごく美味しいものを食べて、犬たちが🐕大喜びして、大地とつながる体験をして、気づきがたくさんある一日! あ〜今日も楽しいな〜。と。

旧正月の日、河口湖で目覚めて目の前にあった日本一の山は、自分で自分の底力をちゃんと見るように覚悟をさせてくれて、子供の心に戻りました。

土壌微生物の世界

1グラム(1円玉)の土に、1兆の微生物がいきている🦠そうですが、土壌微生物の研究はまだこれからの世界。数値が宇宙的になり、あまりにも未知の生き物が多すぎる。

それが時代の流れか、少しずつ注目されはじめているように感じます。
どのくらい微生物が多様に生きているかも数値化できるようになってきている。

でも本当はわたしたち、肌で知っているんじゃないかな。宇宙はあの空の彼方だけじゃなく、手のひらや足元にあると。。
森の中で無数の生き物の中に手を入れると、この上ない大安心の境地です✨

あらゆる場所を、イキイキふかふかにするブームがやってくる日は近い✨

椎茸の植え付けをしながらふと閃いた。本当は見えない微生物を食べることが大切なのかも。。と。

大地の再生 結い作業

どんなところでも、できるだけ森のように戻ることで、山から海まで、ミネラルが下流へ運ばれるようになると思う。水と空気と見えない小さな生き物たちが手を繋いでミネラルを運ぶ。

山から吸い込まれた雨は、その場所の養分を吸収して下流のどこかで湧水となり、出入りしながら川に海にたどり着く。持続とは、生き物の亡骸エキスとそこに生まれる命の循環〜♡

池に流れ込む山水の水路は、泥と障害物を少しずつよけて水の行きたい方向へ。
流しすぎず止めすぎず。
くるくる浄化しながら流れるよ〜🌀

標高400メートルの山道と池の周りの生き物が増えることは、下流の土地に湧き出る水を豊かなものにすること。
そんな思いで触っていると、とても学びが多く元気になります。

イノシシ先生のおでましが多い、
ということで、先生が来る前に掘る作業(笑)
急斜面や起伏のないところは、杭を打ってしがらみづくり、穴を掘って炭と荒腐葉。で生き物が増えるから。

イノシシが毎日荒らすという山道は、元に戻さず、荒らしているそのものを、先にどかして空気を入れてみた。イノシシ先生は喜んでくれるかなー。

森の生き物が増えるように祈り作業をすれば、それはどうやら森の生き物たちに伝わるみたい。応援してくれていることを、昨年実感しました。今年も森と対話を続けます。