ブログ

森に光を入れる

広葉樹は枝が広がって伸びているので、広がる枝を処理してから伐ります。枝がどこかに懸り木になると、思わぬ方向に倒れたり、元が暴れて人に当たったり、とんでもないことが起きかねません。 

危険を予知出来ること、起きることを多様にイメージすることが山仕事には一番大事ということで、いつも意識していきましょう!

里山林業のはじまり

昨年から研修に通い、今年は岡山の地元で実践する里山林業のはじまり。これまで林業と言えば、専門に熟練した技術者の世界で、その仕事場は一般に見られる機会もなかった。そんな林業が、自伐型林業推進協会の働きで日本全国に新たな人材育成を可能にしている。しかも、大規模伐採が各地で進められている中でこの自伐型林業は、古くから山守りさんがやってきたように、最小限の開発で、100年の木を確実に育てながら生計を立てている。

ある日、環境改善の相談をさせていただくことからご縁があり「壊れない作業道づくり」の技術研修があることを知った。なんとレディースウィークがあるというので飛びついて経験させていただいた。技術はとても難しい内容だったが、自伐型林業の素晴らしさを知ることができた。

それから何度も奈良の吉野に通い、小規模林業の基本のキを教えていただいて、自分の土地についても相談。私たちの里山の自然を保全し、自然の恵みで自信を持って暮らすには、山に入れる人が増えることが一番必要だとつくづく感じ入り、広葉樹の雑木林で小さな林業「里山林業」と名づける取り組みを始めようと心に決めたのでした。

もちろん、林業と言える事業になるには時間がかかると思うのですが、山を傷めない方法で道をつけ、広葉樹を切り出し薪を生産するところまで、とにかくやってみようと思います。

山際の風通し

先日の山仕事。

新しく購入した山際の土地を皆で切り開きました。山裾は常に風通しよく、山に風が入るように手入れすることが、里山に住む人のお役目です。道沿いの竹をきれいにして、いつも道のほうに倒れてくる竹や、広葉樹の下枝の心配も無くなりました。いつも集まってくれる皆に感謝〜〜(*^▽^*)

村の竹林

集落の方に頼まれた竹林整備です。道に迫ってくる竹藪を手入れするご家族がおられなくなり、頼める人があると助かるとのことでした。周りの方の土地のお手入れは、できるだけお手伝いさせていただこうと思います。

ビフォー
ビフォー

2021 山があるから生きられる

2021年 もりとくらし

山があるから生きられる!を合言葉に、里山林業という新しい取り組みをはじめました。私たちの取り組みが、山に感謝し、山を守り、豊かな恵みを大切に使わせていただく次世代に役に立つことを願って!!    これからコツコツと学び、小さな仕事を創り出す。そのプロセスをこのブログでご紹介いたします!

森のおかげ

昨夜は、母屋の戸を全部開けて
蚊帳を吊って寝たら、寒いくらい涼しく快適すぎました〜🍃自然のおかげ。。

朝、涼しいうちから草刈りをしました。
今日も土地の生き物たちに挨拶。
今からなるべくゆっくり高く刈りますよー。下の方に行っといてねー。と伝えました。

しばらく刈ると足長バチが、ゆっくり飛んできて、1メートルくらい先のハトムギの葉にとまりこっちを見ています。
エンジンを止めて気持ちを向けたていたら、今日はここまでにしといたらいいよ、と、意識の中に聞こえてきました。
ハトムギが大きくなりすぎてー、と声で話しかけたら、収穫してね、とまた聞こえてきた。
そういえばまだ一度も収穫したことがなかったので今年はいただくことにしました。

人間にとっては中途半端な草刈りですが、
ここは、上の道と下の用水路に囲まれてガスが溜まりやすい場所。
しかも谷の水みちがあるところです。
この場所に草が元気に生えて、適度に起伏を持たせ、空気を入れておくことで上の道も耐久性が良くなります。
道の下に溜まった水やガスを排出できるからです。

さて、うちの畑は
全てが今からのようです。

そして、昼間も古民家の土間は
エアコンまったくいらない
信じられない涼しさ〜🍃
ありがたいことです。

ある日の気づき

いつものように、皆で結い作業をする日の朝、龍王の祀られた山に手を合わせて、これから山仕事をさせていただくご挨拶をした。。

その時は静かな気持ちで落ち着いて感謝を捧げたのだが、すぐに違和感が感じられた。

そのことを後で考えて、あの違和感は何なのか、ぼんやり思い出そうとした。そうしてしばらくしてふと気づいたこと。新しいことに気づいてしまった。

神や自然を特別に尊ぶことは、人と自然との分離だと。

尊ぶことは良いが、自分という存在も自然であり、宇宙を創造する神であることを分離してはならない。何かを敬い感謝して謙虚に生きることを美しい生き方だと教育されることで、私たちは人間が意識エネルギーによって様々な創造と実現ができることを忘れている。

手を合わせるとしたら、まず自分自身の中心の宇宙と繋がる命の源に向かって手を合わせ、その手の先から放射される意識のエネルギーを、龍王の山にむかって風のように送り込み、愛と感謝を込めよう。

全くこれは深い気づきだった。ありがたい。

山に入ること

古民家の裏山に風を通すと、家の周りが気持ち良くなる。全てが流れて動き出し、森の恩恵をすぐに受け取ることができる。
山から海まで繋がっている。それが空まで繋がっている流れの、その途中にわたしがいると感じられるように、森の風を家に入れよう。

2020 梅雨

6月18日 しとしと雨が続いている。 

もうすぐ夏至。

風と水と太陽のエネルギーが命を揺さぶる季節。

今年はいよいよ地球が新しく🌏 生まれ変わる年なので、それを肉体で経験できるなら嬉しい。

宇宙と繋がる意識で過ごしていると、身体がフワフワして、足が浮いている感じになるけれど、これからはそれでいい。充分に満ちたら浮いていくだけなのだ。

見るものも輝いて神聖なイメージとなる。